There were 603 press releases posted in the last 24 hours and 150,122 in the last 365 days.

ハイコン、初めて具現化したスペクター技術公開/プライベートブロックチェーン「スマート・コントラクト」を本格稼働

12月24日 スマート・コントラクト     & 12月26日 スペクター

SEOUL, KR, December 24, 2018 /EINPresswire.com/ -- 独自開発のブロックチェーン・メインネットの稼働に成功した「Glosfer・ハイコン」(代表:キム・テウォン)は、今月24日、ハイコン・プライベートブロックチェーンのプラットフォームに追加された「スマート・コントラクト」の機能を紹介する。さらに、クリスマスの翌日の26日には、世界で初めて具現化に至ったスペクター・アルゴリズムの技術について発表する予定だ。
今月19日に公開されたハイコン・プライベートブロックチェーン「ハイコン・エンタープライズプラットフォーム」に追加される「スマート・コントラクト」の機能は、エンタープライズ市場のニーズに応えながら、ブロックチェーンの実用化に向けたサービス市場を狙うことになった。同日発表された映像によると、「to」、「from」、「amount」、「fee」、「nonce」のデータ項目からなる従来のスマート・コントラクト構造のみならず、ハイコンのスマート・コントラクトには可変長文字データに対応できる「データ(data)」という項目も加わった。また、ハイコンのチームは、「既に検証済みのイーサリアムの『EVMモジュール』を使っているため、イーサリアムのスマート・コントラクトのソースを変更せずに使用できるというメリットがある」と話している。
一方で、26日に公開予定のスペクター技術の具現化に関する映像では、「VisibleSpectreプロジェクト」での問題点やその解決過程、ネットワークで新規ブロックが生成される仕組みが紹介される。ビットコインやイーサリアムといったこれまでの仮想通貨に採用されているシングルチェーンではなく、「DAG(Directed Acyclic Graph:方向を示す有向非巡回グラフ)」を使うハイコンの「スペクター・コンセンサスプロトコール」は、シングルチェーンの制約を克服するため、DAG構造を必要とする。このDAG構造での問題を解決するために開発されたのが、「スペクター・プロトコール」だ。DAG構造は、ひとつの親ブロックで生成されるという構造的制約を受けることなく、比較的速やかにブロックを生成することができる。「ネットワークの遅延(D)×ブロック生成速度(λ)」で表現される値は、ネットワークのセキュリティに関わっている。この値を増やした場合、シングルチェーンはセキュリティの水準が急激に低下するのに対し、スペクター(SPECTRE)・アルゴリズムが使用されたブロックチェーンでは、値が増加しても(すなわち、ネットワークの遅延が長引いたり、ブロックの生成速度を上げたりしても)一定水準のセキュリティが保持できるというメリットがある。つまり、スペクター・コンセンサスプロトコールを通じて、安定性と拡張性を同時に解決することができる。
シングルチェーンとDAGはチェーンの構造だけでなく、トランザクション処理の方法も異なる。シングルチェーンの場合、ブロックの「高さ」によってそのブロックが何番目のブロックにあたるかが明確に分かるため、ブロックに含まれている取引の二重支払いの問題を容易に解決できる。両立できない2個以上のブロック(「同じ高さ」を持つブロック)があれば、最も長いチェーンだけが生き残るというシングルチェーンのルールによって採択されたブロックの取引だけが承認され、残りの取引はキャンセルとなる。これに対し、DAG構造ではブロックを「拒否するルール」が「構造的に」存在しない。定められたコンセンサスのルールに反しないブロックなら、すべてのブロックを認める。これがトランザクションの処理速度が向上した秘訣だ。ただ、このような幅広い許容範囲は「二重支払いの処理」という問題を起こしかねない。「高さ」という明確な値によって、ブロックの前後関係が分かるシングルチェーンとは異なり、DAG構造ではそれらを示したインデックスがないため、そのブロックが何番目なのかが把握できないかもしれない。そこで、この問題を解決するために「スペクター」というアルゴリズムが作られた。スペクターは、「ブロック間の投票」を行う解決策を提示した。ハイコンチームが公開したスペクター・コンセンサスプロトコールが、ハイコン・パブリックブロックチェーンネットワークに適用されれば、1秒間に処理可能なトランザクション件数(TPS)は、少なくとも3,000個以上になる。そうすれば、ブロックチェーンのネックとなっていた速度問題を根本的に解決することができる。
Glosfer・ハイコンのキム・テウォン代表は、「ハイコンは、プライベートブロックチェーンのプラットフォームのリリースはもとより、同時にスマート・コントラクトの機能をも搭載した。世界で初めてスペクター技術の具現化に成功し、今はその結果をまとめる大詰めの段階に入っている。さらに、ハイコンは、世界のブロックチェーン産業では類を見ない技術の研究結果を出し、韓国のブロックチェーン技術の競争力を高めている」と述べた。


Glosfer
Glosfer Inc
+82264787000
email us here

Distribution channels: Companies, IT Industry, Technology


EIN Presswire does not exercise editorial control over third-party content provided, uploaded, published, or distributed by users of EIN Presswire. We are a distributor, not a publisher, of 3rd party content. Such content may contain the views, opinions, statements, offers, and other material of the respective users, suppliers, participants, or authors.