There were 1,274 press releases posted in the last 24 hours and 405,308 in the last 365 days.

ハット8 (Hut 8)、カルバーソン郡に新たなデジタル資産マイニング施設の建設を開始、新たな財務戦略を発表

第2四半期に通電予定の63メガワットの施設は、ハット8にとって北米で最も新しいマイニング事業となる

同施設では、最大約3.6EH/秒のセルフマイニングが可能となる見込み

ハット8、ビットコインスタックを戦略的に活用して、成長イニシアチブのための資金調達を行う

マイアミ発, Feb. 28, 2024 (GLOBE NEWSWIRE) -- 北米において最も革新的で最大級のデジタル資産マイニングのパイオニアであり、高性能コンピューティングインフラストラクチャプロバイダーであるハット8マイニング・コーポレーション (Hut 8 Corp.) (NASDAQ | TSX: HUT) (「ハット8」または「同社」) は、テキサス州カルバーソン郡に最新のデジタル資産マイニング施設の建設を開始したことを発表する。現在建設中で、2024年第2四半期にマイニングを開始する予定である。

カルバーソン郡の施設は、セルフマイニングフリートの拡大や、テキサス州グランベリーやネブラスカ州カーニーから同施設への既存セルフマイニング活動を移行するオプションをもたらす。現行世代のマイニング装置を導入する場合、同施設では、最大約3.6EH/秒のセルフマイニングが可能となる見込みである。現在のエネルギー価格予測に基づくと、カルバーソン郡の施設でビットコインをマイニングするコストは、テキサス州グランベリーおよびネブラスカ州カーニーにある同社のホスティング型マイニング装置でビットコインマイニングを行うコストよりも約30%低くなると予想されている。

ハット8のCEOであるアッシャー・ジェヌート (Asher Genoot) は次のように述べている。「カルバーソン郡のプロジェクトは、ハット8が卓越した運営を重視していることを例証しています。社内の開発チームによって、迅速かつコスト効率よく開発することができます。この地域で最近行われた買収で設定された1MWあたり約46万ドル (約6,922万円) というベンチマークと比較して、カルバーソン郡の施設の設計・建設にかかる総費用は1MWあたり27万5,000ドル (約4,138万円) 未満になると予想されています。これは40%以上の節約に相当し、100MWの拡張ごとに約1,850万ドル (約27億8,393万円) の初期開発費が節約できます。特にカルバーソン郡の施設については、約2,900万ドル (約43億6,438万円) の代わりに、1,730万ドル (約26億358万円) 以下で建設できる見込みです。」

同社はまた、バランスシートの価値を高め、成長イニシアチブに資金を供給するために、備蓄しているビットコインの使用を規定する新たなトレジャリー戦略を正式に制定した。備蓄しているビットコインは、直接販売、オプション戦略、その他のアプローチを通じて活用することができる。この戦略は、戦略的イニシアチブの実行能力を強化し、事業規模を拡大し、エネルギーコストやビットコインのマイニングコストなどの指標を最適化することを目的としている。備蓄しているビットコインを利用するかどうかは、ケースバイケースで決定される。同社はこの戦略でカルバーソン郡施設の資本支出を賄う。

ジェヌートは次のように述べている。「カルバーソン郡施設での着工は、ハット8の新たなトレジャリー戦略の導入を意味し、事業の成長、株主価値の創造、希薄化の最小化のために戦略的にスタックを配置することに重点を置いています。半減期を迎えるにあたり、不良資産が有利なバリュエーションで入手可能になり、さらなる成長の機会が生まれると予想しています。弊社の新たな戦略の基本原則は、思慮深く戦略的に資本を投下することで、強固なバランスシートを維持し、こうした機会が発生したときにそれを評価できる立場を確保するということです。」

ハット8について

革新、想像力、情熱を通じて、ハット8コーポレーションの経験豊富な経営陣は、ビットコインマイニングとホスティング、画期的なマネージドサービス、エネルギー鞘取引、従来のデータセンターの運営、AIや機械学習などの新技術の活用を介して、インフラとエネルギーの交差点で価値を創造することに強気である。フロリダ州マイアミに本社を置くハット8コーポレーションのインフラポートフォリオには、ブリティッシュ・コロンビア州とオンタリオ州にまたがるクラウド、コロケーション、AI、機械学習、VFXレンダリング・コンピューティング・ソリューションを提供する5つの高性能コンピューティング・データセンターと、アルバータ州、ニューヨーク州、ネブラスカ州、テキサス州に位置する6つのビットコインマイニング、ホスティング、マネージドサービス施設の計11施設が含まれる。独自のトレジャリー戦略で長い間知られてきたハット8コーポレーションは、世界的に見ても上場企業の中でセルフマイニングによるビットコインの保有量が最も多い企業の1社である。詳細については、www.hut8.comにアクセスし、X (旧Twitter) で@Hut8Corpをフォローされたい。

将来の見通しに関する情報についての注意事項
本プレスリリースにはカナダ証券取引法および米国証券取引法の意味における「将来の見通しに関する情報」および「将来の見通しに関する記述」 (総称して「将来の見通しに関する情報」) が含まれている。本プレスリリースに含まれる過去の事実に関する記述を除く、将来の事業戦略、競争力、目標、事業の拡大や成長、運営、計画、その他の事項を含む、ハット8が将来発生すると予想または予測する活動、出来事、または開発に関する情報は、すべて将来の見通しに関する情報である。将来の見通しは、多くの場合、「可能性がある」、「だろう」、「あり得る」、「はずである」、「予定である」、「つもりである」、「計画する」、「予想する」、「できる」、「考える」、「推定する」、「予想する」、「予測する」、「できる」、「かもしれない」、「見込みがある」、「予測する」、「~するように設計されている」、「可能性が高い」または同様の表現で示される。具体的には、本プレスリリースに含まれる将来の見通しに関する情報には、同社の新たなトレジャリー戦略、テキサス州カルバーソン郡にある同社の施設の整備と能力(同施設でビットコインをマイニングするために予想される費用を含む)、同社の将来のビジョン、目標、成功 (将来のアップサイドを捉え、株主価値を創出する能力を含む) に関する記述が含まれるが、これらに限定されるものではない。

将来の見通しに関する情報を含む記述は過去の事実ではなく、その記述がなされた時点における特定の重要な要因および仮定に基づく、将来の出来事に関する経営陣の期待、見積もり、予測を表している。本プレスリリースの日付現在、ハット8によって合理的であると考えられているが、このような記述は、既知および未知のリスク、不確実性、仮定およびその他の要因の影響を受け、実際の結果、活動レベル、業績または成果が、このような将来の見通しに関する情報によって明示または黙示されるものと大きく異なる可能性がある。これには、セキュリティおよびサイバーセキュリティの脅威およびハッキング、悪意のある攻撃者またはボットネットがビットコインネットワーク上の処理能力を掌握すること、ビットコインネットワークのさらなる発展と受容、ビットコインのマイニング難易度の変更、秘密鍵の紛失または破壊、ブロックチェーンに取引を記録するための手数料の増加、誤った取引、限られた数の主要従業員への依存、サードパーティのマイニングプールサービスプロバイダーへの依存、規制の変更、分類および税制の変更、モメンタムプライシングリスク、デジタル資産取引所に関する詐欺および失敗、銀行サービスおよび融資の取得の困難性、保険、許可およびライセンスの取得の困難性、インターネットおよび電力の途絶、地政学的事象、暗号およびアルゴリズムプロトコルの開発における不確実性、デジタル資産の受容または普及に関する不確実性、技術革新の予見の失敗、新型コロナウイルスの流行、気候変動、為替リスク、融資リスクおよび潜在的損失の回復、訴訟リスク、事業統合リスク、市場需要の変化、ネットワークとインフラの変化、システムの中断、リース契約の変更、電力購入契約の意図した利益の達成の失敗、同社の採掘場へのエネルギーの供給中断または供給停止の可能性、およびデジタル資産、データセンター事業に関連するその他のリスクなどが含まれるが、これらに限定されない。ハット8に影響を与える可能性のある要因の完全なリストは、同社のEDGARプロフィール (www.sec.gov) より入手可能な2023年11月7日付のForm S-4による同社の登録届出書の「リスク要因」セクションに加え、同社のSEDAR+プロフィール (www.sedarplus.ca) およびEDGARプロフィール (www.sec.gov) で入手可能なハット8のその他の継続開示書類を参照されたい。

ハット8コーポレーション、投資家向け問い合わせ先
スー・エニス (Sue Ennis)
sue@hut8.io

ハット8コーポレーション、報道担当者向け問い合わせ先
エリン・ダーマー (Erin Dermer)
erin.dermer@hut8.io

見出し: ハット8はテキサス州カルバーソン郡に、ターンキー施設を購入するコストよりも40%安く新規施設を建設している。第2四半期に稼働開始予定で、最大3.6EH/秒のセルフマイニング能力が見込まれている。

見出し: テキサス州カルバーソン郡にあるハット8の63メガワット施設では、グレーディングが進行中である

この発表に関する写真はこちらで入手可能:
https://www.globenewswire.com/NewsRoom/AttachmentNg/a723932d-4e82-4c32-973a-22d20d478e97

https://www.globenewswire.com/NewsRoom/AttachmentNg/51bce6f7-6d82-432f-876f-eede141ce252 


Primary Logo